フリーランスの始め方とその下準備

フリーランスを始めるというときには誰もが未経験であり、不安があって当然である。様々な情報源から何が必要であるか、どんなメリットやデメリットがあるかを自分で調べて納得した上で転職することを決意することが重要である。

実際に必要なものは仕事をするためのスキルと経験であり、あとは個人事業主としての開業届を出せば問題なく仕事をして行くことが可能である。フリーランスのメリットとして一般には年収が高まることが期待できる上に、行う仕事を選ぶことができる。また、在宅案件を選べば時間を自由に使うことが可能なのもメリットである。一方、企業に雇ってもらっている立場ではなくなるため、福利厚生がなくなるというデメリットがある。また、個人事業主として税金、健康保険、国民年金等を自分で扱わなければならないというのも大変な事務作業となるだろう。

一方、必要なものであるスキルと経験はフリーランスを始めてから伸ばしていくことは可能であるが、最初の仕事の獲得には不可欠となる。未経験の領域で仕事を獲得しようと思っても依頼主からの信頼を受けられずに契約が成り立たないこともよくあるからである。根気よく探せば未経験でも受けられる仕事もあるものの、場合によっては派遣社員となったりアルバイトをしたりして多少なりとも現場で働いた経験を積んでおくことは重要になる。そして、最初の仕事さえ獲得できればそれを足がかりとして次の仕事につなげられるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です